メインイメージ画像

事務所を借りる際!

どんな事でも、お金の事は最初に考えませんか。貸し倉庫を借りる場合は、それなりの料金がかかりますが、それも物件によって違います。それに加えて、倉庫の設備によってもかなり異なってきます。大体は倉庫の広さで異なりますが、他にも立地条件などでも多少変わってくるようです。しかし、安い会社だと荷物1つから預かってくれる業者があり、数百円とお手頃です。

イメージ画像

工場の様な広い所ですと何百万と、やっぱり使い方に応じて、地域によって異なります。他に、設備等でも毎月の家賃は様々です。一例を挙げると、換気だけの物件とちゃんと防湿対策をしている物件は費用も数千円程変わってくるそうです。まずは、どんな物をどれぐらい倉庫に預けるのかをはっきりさせる所から始めるべきでしょう。

チェーン店やトランクルーム型の場合、期間によってサービス等もやっているそうなので、そのような事も上手く使い、見積もりをちゃんと聞いてから借りた方が無難だと思います。

レンタル型貸し倉庫等でなく、オーナーがいて不動産会社に仲介してもらっているような貸し倉庫ですと、大家さんによっては自分の用途に合わせて設備を整える工事ができる時があります。
例をあげると、換気口をつけたり、水道をつけたりですね。レンタル型だと、単純に荷物を預けるだけなので設備は不必要だと思いますが、広い貸し倉庫で作業をしたり、人数によっては設備を準備する事もいると思います。

この様な時は、オーナーさんとの相談も必要です。大体は許可してくれるそうですが、退去する際に簡単に元に戻せるぐらいでないと、元に戻す出費があったり、オーナーさんに面倒がかかるか、または同じ設備で経営できる方を見つけないといけなくなってしまい、オーナーさんが大変になるので、前もってご挨拶も兼ねて交渉した方が確実だと思います。その時に、書面がないと後々トラブルがあった時に面倒なので、図面と契約書等も合わせて持っていき、なるべく不動産会社の人にも立ちあっていただくのがトラブルも起きないと思います。